会社四季報はいつの時代でも最善の教科書

   2021/04/01

世界経済全体いわゆるマクロ経済に関して簡単に記述を行っていきましたが、各企業に関してどのよう方法でアプローチしていくべきかを考えていきましょう。
当然ですが、株式投資は企業の発行する株式に対して投資を行っていくものです。企業の財務や収益等が大変重要です。

株式投資を行なう方にとって会社四季報は欠かせないバイブル的な存在です。
当然ですが、会社は利益を追求する集団です。会社の上げる収益で株価は大きく変わっていきます。

毎四半期毎に発表される決算発表はその会社の株式を持つ投資家にとっては大変重要なイベントです。各会社ともこのような投資家の期待に応えて、自社の株価を高水準に保つ事に関して大変高い関心を持っています。

各会社の財務分析は投資に欠かせない大変重要な要素です。その企業がどのような経済活動を行い、売上をあげ、経費を払い、最終的な利益を上げているかという収益構造を知る事でその会社の価値や稼ぎ力を知る事ができます。財務分析は会計や財務の分析になりますので、学生時代に専門的な学習を行っていない方には大変馴染みにくい概念かと思います。

会社四季報には大変多くの情報が乗っています。数字や投資指標の羅列ですので、初めて見る方には頭の中に????が並ぶかと思います。
しかし、見方のコツさえ覚えれば大変簡単なのです。当然経常利益等が投資判断の大きな指標となっていきます。

誰しもが赤字続きの会社に投資をしようとは思いません。
まずは財務や収益性が高く安定している会社を四季報を使ってピックアップをして、リストとしていきましょう。家計に例えれば簡単です。収入ー支出がプラスなら黒字、マイナスなら赤字です。そこに本業、副業の収入、食費や光熱費、遊興費等の支出が細分化されていくのと同じ原理です。

また四季報にはPER、PBR等の指標が記載されています。
これは後ほど解説しますが、投資を行なう上で大変重要な考え方です。多くの方はこの指標を参考に投資を行っています。個人投資家、機関投資家問わず、このような指標で合理的な投資判断を行なうのです。

これからの企業は今までよりもより高い収益性が求められます。外国資本の大きな力と伍してビジネスにおける競争を勝ち抜くには欠かせない要件です。収益率に着目して割安な銘柄を抜粋して自分の投資の幅を広げていく事も大変重要な事です。

また四季報には投資家にとって大変重要な配当に関する情報も記載されています。
株式投資を行なう上で年に数回予定されている配当は欠かせない存在です。長期投資には配当は欠かせない要因です。

毎年きちんとした株主還元を行っている会社には多くの方の人気が集まります。
また決算発表と前後して発表される増配や減配、無配転落等のニュースは株価自体に大きな影響を及ぼします。

過去の配当や配当性向をきちんと分析する事でその株式に関する安定性や信頼度を図る事ができます。会社四季報は難解なイメージがありますが、投資に必要な情報がふんだんに盛り込まれている投資家にとってのバイブルです。

投資初心者の方もまずはこれを片手に企業分析を行い、知識を肉付けしていきましょう。この知識は自分のキャリアにとっても必須の知識です。楽しんで学習を行っていく事が大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!